無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 島奪還訓練を中止 日米演習、沖縄の反発で | トップページ | 橋下氏「方向性は同じ」、石原氏と連携協議へ »

2012年10月28日 (日)

陸自、進む「海兵隊化構想」 装備に課題、省内に疑問も

これ以下は有料と言うことで、サイトでは読めない。朝日はいつまでこんなせこいことをやっているのだろう。(高田)

http://www.asahi.com/politics/update/1027/TKY201210270298.html
陸自、進む「海兵隊化構想」 装備に課題、省内に疑問も

 【其山史晃】陸上自衛隊に上陸作戦を担う「海兵隊」の機能を持たせようとする構想が進んでいる。尖閣諸島をめぐる日中の緊張も構想を後押しする。ただ、島の争奪戦は現実味に乏しく、防衛省内にも疑問の声がある。

 陸自は9月、米領グアムで敵に奪われた島を奪還する訓練を実施し、米海兵隊から上陸のノウハウを学んだ。自民党の総裁選では「日本にも海兵隊が必要だ」という主張が語られた。

 敵の反撃を受けやすい上陸作戦は軍事上、危険な任務とされている。「専守防衛」を掲げる自衛隊では長く不要のものとされてきた。中国を強く意識した防衛大綱や中期防衛力整備計画にも海兵隊創設につながる記述はない。

« 島奪還訓練を中止 日米演習、沖縄の反発で | トップページ | 橋下氏「方向性は同じ」、石原氏と連携協議へ »

日米関係」カテゴリの記事