無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 橋下、石原。安倍。 | トップページ | 米兵女性暴行:沖縄の怒り、政府直撃 »

2012年10月18日 (木)

「歴史問題の約束順守を」=安倍総裁の靖国参拝-中国外務省

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012101701016
「歴史問題の約束順守を」=安倍総裁の靖国参拝-中国外務省

 【北京時事】新華社電によると、中国外務省の洪磊・副報道局長は17日、自民党の安倍晋三総裁が靖国神社を参拝したことについて「日本は歴史問題におけるこれまでの態度表明や約束を順守し、責任を持って問題を処理すべきだ」との談話を発表した。
 洪副局長は「靖国神社問題は日本が軍国主義による侵略の歴史を正しく認識し、対応できるかどうかに関わり、中国を含む被害国の人たちの感情にも及ぶ問題だ」と指摘した。
 中国側は、安倍氏が首相在任中に靖国神社を参拝しなかったことを踏まえ、再び自民党総裁となった安倍氏が次の首相になる可能性も念頭に置いて、その行動をけん制したものとみられる。
 また、国営新華社通信は「日本の右傾化、軍国主義復活という国際社会の心配は決して杞憂(きゆう)ではない」と強い警戒感を示す論評を配信した。
 論評は、首相経験者の安倍氏が「靖国参拝の政治、外交上の敏感さを知らないはずがない」にもかかわらず、「日本のアジア外交が四面楚歌(そか)の状態に陥っている」ときに、「挑発的な態度で参拝した」と非難した。 (2012/10/17-21:56)

« 橋下、石原。安倍。 | トップページ | 米兵女性暴行:沖縄の怒り、政府直撃 »

「国際情勢」カテゴリの記事