無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 尖閣巡り「都知事『戦争辞さず』」 前原氏、明かす | トップページ | 日米で離島奪還訓練 尖閣意識 来月、沖縄の無人島 »

2012年10月13日 (土)

日米、来月に離島奪還訓練 沖縄無人島で尖閣意識

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012101301001096.html

日米、来月に離島奪還訓練 沖縄無人島で尖閣意識

2012年10月13日 09時58分

「離島奪還」を想定して9月にグアム島で行われた日米共同訓練=アプラ港米海軍基地(共同)
写真

 日米両政府が沖縄県の無人島で、自衛隊と在日米軍による共同の離島奪還訓練を11月に実施する方向で最終調整に入ったことが分かった。複数の日米関係筋が13日、明らかにした。島しょ部の奪還を想定した日米共同訓練は国内の離島で初めて。両政府は表向き、特定の地域を想定していないとの立場だが、沖縄県の尖閣諸島を意識しているのは間違いない。尖閣国有化に対立姿勢を強めて領有権を主張する中国の反発は必至だ。

 奪還訓練は、11月5日から16日まで予定している日米共同統合演習の一環。日程は後半で、陸上自衛隊の西部方面普通科連隊と、在沖縄海兵隊の第31海兵遠征部隊が主体となる。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121013/plc12101308410007-n1.htm

沖縄離島で初の島嶼防衛訓練 自衛隊と米軍が来月
2012.10.13 08:38

 日米両政府は12日、来月の日米共同統合演習(実動演習)で、沖縄県の無人島を使い自衛隊と米軍の島嶼(とうしょ)防衛訓練を行う方針を固めた。事実上の離島奪還訓練で、国内の離島での共同奪還訓練は初めて。中国による離島侵攻の脅威が高まる中、事態が起きる危険性の高い沖縄での訓練が不可欠と判断した。訓練を通じ日米共同対処能力を高め、沖縄県・尖閣諸島をめぐり高圧姿勢を強めている中国を牽制(けんせい)する狙いがある。

 共同統合演習は11月上旬から中旬にかけ、九州・南西方面を中心に全国各地で実施する。日本側は陸海空3自衛隊、米側は陸海空軍と海兵隊が参加。主要な訓練は(1)島嶼防衛を含む海上・航空作戦(2)弾道ミサイル対処(3)統合輸送-になる見込みで、部隊や艦艇、航空機が各基地と海空域に展開する。

 島嶼防衛訓練は沖縄県渡名喜村の入砂島で行う。那覇の西北約60キロにある無人島で、米軍は島を「出砂島(いですなじま)射爆撃場」と呼称し、戦闘機やヘリコプターによる爆弾投下訓練などに使っている。訓練では島嶼防衛の中核である陸自西部方面普通科連隊(長崎)と、在沖縄の主力戦闘部隊の第31海兵遠征部隊(31MEU)が中心になる。

 島が敵に占拠されたとのシナリオで、洋上からボートに分乗し、上陸作戦や敵部隊襲撃などを訓練する。

 陸自と米海兵隊は9月、米グアム島やテニアン島で離島奪還訓練を実施。島を使った共同訓練はそれが初めてだったが、今回は舞台を沖縄に移し、尖閣や先島諸島での事態を念頭に部隊の展開方法も確認する。

 防衛省は訓練にあたり「特定の国や島を想定していない」と強調することにしているが、中国の反発が予想される。尖閣の国有化をめぐり日中間の対立も先鋭化したため、防衛省は野田佳彦首相の判断を仰ぐ異例の措置をとった。首相は最終的に島嶼防衛訓練を含め演習内容を了承した。

 ただ、島嶼防衛訓練の実施には慎重論があり、訓練を非公開とすることも検討しているが、ある政府高官は「脅威に即した常識的な訓練として淡々と公開すべきだ」と指摘している。

« 尖閣巡り「都知事『戦争辞さず』」 前原氏、明かす | トップページ | 日米で離島奪還訓練 尖閣意識 来月、沖縄の無人島 »

「国際情勢」カテゴリの記事