無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 橋下氏「第三極として1つの塊に」 みんなと協議再開へ | トップページ | 原子力基本法から「安保」削除=社民が衆院選公約案 »

2012年10月 5日 (金)

海自艦、ヘリが竹島接近=先月、韓国軍警告で引き返す

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012100400945
海自艦、ヘリが竹島接近=先月、韓国軍警告で引き返す

 【ソウル時事】韓国軍関係者は4日、海上自衛隊の艦船とヘリコプターが先月21日、島根県・竹島(韓国名・独島)上空の韓国の防空識別圏と海軍の海上作戦区域に入り、緊急出動した韓国軍の警告で引き返していたと述べた。自衛隊が韓国の防空識別圏や海上作戦区域に入るのは第2次大戦後初めてとみられる。
 日韓間で今後問題となる可能性がある。ただ、同関係者は「自衛隊が韓国の防空識別圏や海上作戦区域に入るのは異例だが、領空、領海を侵犯したわけではなく、大騒ぎすることではない」としている。防空識別圏、海上作戦区域は、軍事作戦上設定される境界で、日韓ともに存在を了解している。
 海上幕僚監部は「警告を受けたり、退却したりした事実はなく、通常の訓練を実施しただけ。特に問題があるとは考えていない」と反論している。
 関係者によると、先月21日、約4000トン級の海自艦が竹島から約50キロまで接近し、同艦からヘリが2回、発着訓練を行ったという。 
 これに対し、韓国空軍のF15K戦闘機4機と韓国海軍の駆逐艦が出動。海自艦は韓国側の警告を受け、引き返した。韓国側の通信に対し、海自側は「(ロシアの)ウラジオストクに訓練のため向かう途中だ。敵対意図はない」と答えたとしている。
 一方、韓国のKBSテレビは4日、同様の内容を報じるとともに、今年5月に海上保安庁のヘリが竹島上空に近づくなど、日本側による航空示威行為が毎年1、2回行われてきたとも伝えた。(2012/10/05-00:50)

« 橋下氏「第三極として1つの塊に」 みんなと協議再開へ | トップページ | 原子力基本法から「安保」削除=社民が衆院選公約案 »

「国際情勢」カテゴリの記事