無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 米元高官団が日中訪問へ=アーミテージ氏ら、尖閣沈静化で | トップページ | 「主権」主張強める狙いで中国が尖閣に無人機計画 米調査機関明らかに »

2012年10月21日 (日)

「修復に40年以上」=中国大使だった丹羽氏講演-名古屋大学

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012102000158

名古屋大学で講演する丹羽宇一郎氏=20日、名古屋市

 中国大使を務めた丹羽宇一郎氏は20日、名古屋大学で講演し、最近の日中関係の悪化について「このままほっておいたら最悪の場合、40年間の総理(全員)の努力が水泡に帰すかもしれない。(関係修復に)40年以上の歳月がかかる」と強い危機感を表明した。
 尖閣諸島の「日本の主権は間違いのない事実で、立場を譲る必要はない」と強調。ただ、国有化以来、中国では「日本が盗んだ」という認識が広がっていると指摘し、「イメージが若者にすり込まれるのは大変憂うべきこと」と訴えた。
 丹羽氏はまた、尖閣問題により日本企業の中国市場進出に悪影響が出ることに懸念を示した。 
 質疑応答で中国人留学生が、丹羽氏に感謝している中国人もいると述べると、「中国には日本のことを知らない人が圧倒的に多い。信頼し合える関係を築いていくことが大事だ」と答えた。
 講演後も記者団に「戦略的互恵関係で日本が何をできるか、交渉でも何でもいいから努力を続けることが必要だ」と訴え続けた。(2012/10/20-13:29)

« 米元高官団が日中訪問へ=アーミテージ氏ら、尖閣沈静化で | トップページ | 「主権」主張強める狙いで中国が尖閣に無人機計画 米調査機関明らかに »

「国際情勢」カテゴリの記事