無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 安哲秀氏、歴史の反省必要=朴槿恵氏「和解へ制度整備を」-韓国大統領選 | トップページ | 臨時国会29日召集が軸 民主、19日党首会談へ »

2012年10月16日 (火)

日中衝突「全世界を笑わせている」=歴史問題は「進歩なくす」-艾未未氏インタビュー

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012101500618
日中衝突「全世界を笑わせている」=歴史問題は「進歩なくす」-艾未未氏インタビュー

 【北京時事】中国の著名芸術家で、人権活動家でもある艾未未氏は15日までに時事通信のインタビューに応じ、尖閣諸島国有化を受けた日中衝突に関し「両国はお互いに必要であり、関係を改善するか、しないかを考える必要はない。毎日ののしり合う事態は全世界を笑わせている」と強調した。
 -今回の反日デモをどう見るか。
 「実際には政府が支持したデモだ。ある種の(日本に対する)恨みを呼び起こしているが、今日においてそんな恨みは存在せず、社会発展に向けた方向性である交流・理解の考えと合致しない」
 -若者らの反日感情はどんどん悪化しているように見えるが。
 「本当に憤っている人もいるが、そういう人の中に知識人は少ない。多くは出稼ぎ労働者らだ。こんな大きな社会でデモに行った人の割合は非常に小さい」
 -デモの暴徒化をどう考えるか。
 「彼らの破壊する車は中国人の車で、日本料理店も中国人が経営している。非常に非理性的だ。日本大使館に物を投げても捕まらない。それは(政府が)操っているからではないか。こういうのが法律と言うのか。例えばデモが禁止されれば行くことは可能か。きっと無理だろう」
 -日中関係は今後どうなると思うか。
 「近隣同士で、日本は過去数十年で中国に対し巨大な支援を行った。日本は文明的な社会で、世界にも非常に大きな貢献を行った。中日は過去に戦争をしたが、既に過ぎ去ったことで仕方がないことだ。歴史問題を取り上げれば、進歩する方法はなくなる。まさか日本と再び戦おうと言うのか。それはロジックのないことだ。関係改善とはお互いに尊重することだ。両国に違いは必ずあるが、その違いを拡大させてはいけない」
 -現実には両国は対立している。
 「もし中日がお互いに嫌いで断交し、お互いに相手にしないことは可能か。不可能だろう。(日中は)お互いに必要なのであり、関係を改善するか、しないかを考える必要はない。戦争もできないし、断交すらできないのに、毎日朝から晩までののしり合っている事態は全世界を笑わせている。やはりもっと理性的になるべきだと思う」(2012/10/15-16:32)

« 安哲秀氏、歴史の反省必要=朴槿恵氏「和解へ制度整備を」-韓国大統領選 | トップページ | 臨時国会29日召集が軸 民主、19日党首会談へ »

「国際情勢」カテゴリの記事