無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 朝日社説:安倍新総裁の自民党―不安ぬぐう外交論を | トップページ | 中国は歴史ゆがめる国=前原氏 »

2012年9月28日 (金)

尖閣・北方領土も「共同管理を」…橋下氏が提案

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120928-00000225-yom-pol

尖閣・北方領土も「共同管理を」…橋下氏が提案

読売新聞 9月28日(金)9時15分配信

 近く結成される新党「日本維新の会」代表に就く橋下徹大阪市長は27日、市役所で記者団に、沖縄県・尖閣諸島と北方領土を巡る周辺国との争いを巡り、「国際司法裁判所(ICJ)を使うべきだ」と述べ、ICJを通じた解決を目指す考えを明らかにした。

 また、尖閣諸島や北方領土、島根県・竹島の海域や地下資源について、「利用についてのルールが決められていない」として、周辺国と共同管理するルールを設けるべきとの考えを示した。

 橋下氏は23日には、竹島について「国際司法裁判所に訴えながら、共同管理に持ち込む路線にかじをきるべきだ」と発言している。

 この日、橋下氏は、政府が領土問題はないとする尖閣諸島について、「領土問題がないという(政府)答弁はやめた方がいい」として、北方領土とともにICJの利用を提案。「僕らの世代が前世代の解決できなかったことを裁判所に解決を求めていくステージにいくべきだ」と話した。

 橋下氏は「竹島も尖閣も日本の固有の領土」としたうえで、「領土問題は存在しないとする韓国に(竹島を巡って)国際司法裁判所に出てこいと言うなら、日本も尖閣について領土問題はないとは主張できない」とした。

 政府が固有の領土としてロシアからの返還を求めている北方領土についても「法と正義の解決なんて、第三者機関を使わないとできない」と述べ、これらの領土について「日中韓露で、裁判所(ICJ)での解決を目指していったらいい」と話した。

 さらに橋下氏は、「共同管理とは、領有の問題とは別に利用の問題だ。国益として考えないといけないのは周辺海域だが、海底資源も魚も含めて利用についてのルールが決められていない。(共同管理の)ルールを作るべきだ」と述べた。

最終更新:9月28日(金)9時15分

読売新聞

« 朝日社説:安倍新総裁の自民党―不安ぬぐう外交論を | トップページ | 中国は歴史ゆがめる国=前原氏 »

「国内情勢」カテゴリの記事