無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« MDレーダー、対中国の狙い否定=北朝鮮対処が目的-米大統領報道官 | トップページ | 中国監視船、尖閣沖領海に侵入 海保、巡視船50隻投入 »

2012年9月19日 (水)

浜岡原発:静岡県議会に住民投票条例案提出

http://mainichi.jp/select/news/20120919k0000e010195000c.html

浜岡原発:静岡県議会に住民投票条例案提出

毎日新聞 2012年09月19日 12時01分

 政府の要請で運転停止中の中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)の再稼働の是非を問う住民投票条例案が19日、同県議会に提出された。市民団体「原発県民投票静岡」(鈴木望代表)が約16万5000人の署名を集めて直接請求していたもので、川勝平太知事は提案にあたり「多くの県民の思いの表れであり、重く受け止めている」と投票実施に賛成の意見を述べた。

 東京電力福島第1原発事故以降、原発再稼働の是非を問う住民投票条例案の提出は、既に議会で否決された大阪市と東京都に続き3例目だが、条例案に賛成を表明した首長は川勝知事が初めて。来月11日に採決される見通しだが、県議会(定数69、欠員3)で過半数を占める「自民改革会議」(37議席)内では投票実施に慎重な意見が根強い。

 条例案は、再稼働の是非を問う県民投票を実施し、知事と県議会は結果を尊重するよう求めている。川勝知事は県議会本会議で提案説明し、条例案について「県民が自らの意見を表明する機会を逸してしまうことは妥当ではない。県民投票を円滑に実施できる方向で議論してほしい」と述べた。

http://mainichi.jp/select/news/20120919k0000e010195000c.html

浜岡原発:静岡県議会に住民投票条例案提出

毎日新聞 2012年09月19日 12時01分

 政府の要請で運転停止中の中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)の再稼働の是非を問う住民投票条例案が19日、同県議会に提出された。市民団体「原発県民投票静岡」(鈴木望代表)が約16万5000人の署名を集めて直接請求していたもので、川勝平太知事は提案にあたり「多くの県民の思いの表れであり、重く受け止めている」と投票実施に賛成の意見を述べた。

 東京電力福島第1原発事故以降、原発再稼働の是非を問う住民投票条例案の提出は、既に議会で否決された大阪市と東京都に続き3例目だが、条例案に賛成を表明した首長は川勝知事が初めて。来月11日に採決される見通しだが、県議会(定数69、欠員3)で過半数を占める「自民改革会議」(37議席)内では投票実施に慎重な意見が根強い。

 条例案は、再稼働の是非を問う県民投票を実施し、知事と県議会は結果を尊重するよう求めている。川勝知事は県議会本会議で提案説明し、条例案について「県民が自らの意見を表明する機会を逸してしまうことは妥当ではない。県民投票を円滑に実施できる方向で議論してほしい」と述べた。

www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20120919/CK2012091902000075.html

浜岡住民投票の条例案修正 議会に要請へ

2012年9月19日


 中部電力浜岡原発(御前崎市)の再稼働の是非を問う住民投票条例案の審議で、静岡県の川勝平太知事は投票実現に向け、条例案の修正を議会に要請する意見を十九日開会の県議会九月定例会に提出する方針を固めた。県関係者が十八日、本紙の取材に明らかにした。

 県関係者によると、条例案を修正できるのは県議会のみのため、知事は住民投票を実現できるよう条例案の修正を求めることを決めた。

 知事は条例案に不備があったことを批判しているが、住民投票の実施には賛意を表明している。

 市民団体「原発県民投票静岡」が作った条例案をめぐっては、県が「投票有資格者は満十八歳以上」「投開票は施行日から六カ月を超えない」などの項目の問題点を指摘。二十歳以上の有権者名簿ではなく、十八歳以上の名簿を新たに作るには時間がかかり、条例案のままでは実務的に投票実施は不可能との見方を示している。

 市民団体は県の指摘を受け、投票有資格者を満二十歳以上に変更するなどの修正案を県議会に提示。県議会第二会派の民主党・ふじのくに県議団は修正案の素案を作成し、意見集約を進めている。

 過半数を占める最大会派の自民改革会議は対応を決めていない。

« MDレーダー、対中国の狙い否定=北朝鮮対処が目的-米大統領報道官 | トップページ | 中国監視船、尖閣沖領海に侵入 海保、巡視船50隻投入 »

民衆の運動」カテゴリの記事