無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 毎日社説:尖閣と日中対立 対話解決に全力挙げよ | トップページ | 中国けん制発言相次ぐ=自民総裁候補が街頭演説 »

2012年9月18日 (火)

中国国防相「平和的解決を望む」=尖閣問題、米国防長官と協議

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol

中国国防相「平和的解決を望む」=尖閣問題、米国防長官と協議

 【北京時事】中国の梁光烈国防相は18日、北京を訪れたパネッタ米国防長官と会談し、日中両国が激しく対立する沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)問題などについて協議した。梁国防相は共同記者会見で、「われわれはさらなる行動を取る権利を留保する」と報復措置を示唆しながらも、「やはり平和的な交渉を通じた適切な解決を希望する」と述べ、日本側と対話を行いたいとの意向を示した。
 新華社通信が伝えた。尖閣問題に関して中国軍制服組の指導者が直接言及したのは初めて。
 また、梁国防相は会談で、米国が「日米安保条約の適用対象」と表明していることに「われわれは断固反対する」と非難。尖閣の主権帰属問題でいずれか一方の肩を持たないという約束を厳守するよう求めた。これに対し、パネッタ長官は南シナ海、尖閣問題などで「どちらかに肩入れすることはなく、関係国が平和的に紛争を解決することを望んでいる」と確認した。 
 梁国防相はこのほか、記者会見で「騒ぎを挑発した責任は完全に日本にある」と批判。「釣魚島問題が盛り上がり、世界が非常に関心を持ち、中国人はもっと注目している。それは釣魚島がわれわれの領土だからだ」と強調。日本政府の国有化に関しては「完全に違法だ」と反発した。(2012/09/18-18:07)

« 毎日社説:尖閣と日中対立 対話解決に全力挙げよ | トップページ | 中国けん制発言相次ぐ=自民総裁候補が街頭演説 »

「国際情勢」カテゴリの記事