無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 「関与とけん制」苦心の対中策=尖閣問題に強い危機感-米国防長官 | トップページ | 中国監視船に、領海外退去要求しかできない理由 »

2012年9月20日 (木)

中国軍の5将軍は主戦論「断固として軍事行動」

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120920-OYT1T00290.htm?from=top
中国軍の5将軍は主戦論「断固として軍事行動」

 【北京=竹内誠一郎】中国人民解放軍内で、日本の自衛隊が尖閣諸島に出動した場合、軍事行動を辞さないとする発言が相次いでいる。

 強硬姿勢を示して日本をけん制する一方、危機を強調することで政権内での軍の発言力を強める政治的意図もあるとみられる。

 中国系香港紙「文匯報」によると、北京で15日、将軍5人の座談会が開かれ、徐光裕少将(軍防化指揮工程学院の元副院長)は「海上自衛隊が釣魚島(尖閣諸島の中国名)の12カイリ内に入るか、中国の民間船舶を攻撃すれば、断固として軍事行動を取る」と述べた。他の4人も主戦論を展開した。

 軍関係の研究機関・中国政策科学研究会の彭光謙少将は14日のシンポジウムで、「自衛隊が釣魚島に上陸すれば、一線を越えたことになる。軍はいつでも使命を履行できる」と述べた。
(2012年9月20日15時32分  読売新聞)

« 「関与とけん制」苦心の対中策=尖閣問題に強い危機感-米国防長官 | トップページ | 中国監視船に、領海外退去要求しかできない理由 »

「国際情勢」カテゴリの記事