無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 浜岡原発:静岡県議会に住民投票条例案提出 | トップページ | 中国特使も検討=反日デモ「想定超えた」-野田首相 »

2012年9月19日 (水)

中国監視船、尖閣沖領海に侵入 海保、巡視船50隻投入

http://www.asahi.com/politics/update/0919/TKY201209180796.html
中国監視船、尖閣沖領海に侵入 海保、巡視船50隻投入

 尖閣諸島(沖縄県)の国有化を巡って日中の対立が深まる中、海上保安庁は18日、現場海域の警戒のため、現有の巡視船のほぼ半数に当たる約50隻を投入した。周辺海域では同日、中国の漁業監視船2隻、海洋監視船10隻が集まり、一部が領海侵犯した。海保は厳戒態勢を敷いているが、同日夜までに中国漁船の大船団は確認されていない。

 海保関係者によると、尖閣諸島は最も近い石垣島からでも約170キロ離れている。236隻保有する小型の巡視艇のほとんどは性能面から対応できず、パトロールは巡視船が主に担う。海保が保有する巡視船は計121隻で、うち約1割は修理中。今回は稼働できる巡視船の半数に当たる約50隻を、全国の海上保安本部からの応援を得て現場海域に投入した。交代で警戒に当たっている。

 中国漁船1千隻が尖閣周辺に向かっているという現地報道もあり、「これまでにない規模の態勢をとった」(海保関係者)という。ただ、周辺海域では18日夜までの段階で、中国漁船は確認されているが、多数ではないという。

« 浜岡原発:静岡県議会に住民投票条例案提出 | トップページ | 中国特使も検討=反日デモ「想定超えた」-野田首相 »

「国際情勢」カテゴリの記事