無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 安倍氏に自重促す 総裁選で森元首相 | トップページ | 東京【社説】原発ゼロ社会 電気代高騰は本当か »

2012年9月 4日 (火)

http://mainichi.jp/select/news/20120904k0000e010209000c.html F35:1機当たりの価格150億円に 防衛省概算要求

http://mainichi.jp/select/news/20120904k0000e010209000c.html

F35:1機当たりの価格150億円に 防衛省概算要求

 防衛省が13年度当初予算案の概算要求に盛り込む最新鋭ステルス戦闘機F35(米ロッキード・マーチン社製)の1機当たりの価格が約150億円に上ることが4日、分かった。12年度契約価格(約102億円)の約1.5倍で、2機分の予算を求める方針。複数の防衛省幹部が明らかにした。F35は開発の遅れから価格高騰が懸念され、調達計画に批判が高まる可能性がある。

 防衛省は最終的にF35を42機調達する予定で、初年度である12年度は米側が当初提案した約99億円を約3億円上回る約102億円で4機契約。16年度中に米国から完成機を輸入する計画になっている。13年度契約分から日本の企業が製造に加わる予定で、防衛省は最終組み立て工場の整備経費も概算要求に盛り込む方針だ。

 関係者によると、今回の価格上昇はF35の製造に習熟していない作業員が参加するため作業効率が低くなり、コストが上昇するとしている。防衛省幹部は「作業員の習熟度が上がるにつれて価格は下がっていく」と説明するが、米側は4月、日本に納入する42機の総額について関連経費も含め約8000億円との推計を米議会に報告している。【鈴木泰広、朝日弘行】

« 安倍氏に自重促す 総裁選で森元首相 | トップページ | 東京【社説】原発ゼロ社会 電気代高騰は本当か »

「国内情勢」カテゴリの記事