無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 橋下市長「衆院選挙区150・比例90に半減」 | トップページ | 東京【社説】「浜岡」住民投票 熟した民意の表れだ »

2012年8月30日 (木)

自民総裁選9月26日、候補者乱立の可能性も

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120830-OYT1T00710.htm?from=main2
自民総裁選9月26日、候補者乱立の可能性も

 自民党は30日、谷垣総裁の任期満了(9月末)に伴う総裁選を「9月14日告示、同26日投開票」の日程で行う方針を固めた。

 民主党代表選(同10日告示、21日投開票)と合わせて両党首選の日程が決まったことで、両党の動きがさらに激しくなりそうだ。

 自民党は31日に総裁選管理委員会と総務会を開き、正式に日程を決める。総裁選は、国会議員票(200票)と党員票(300票)の計500票で争われる。安倍元首相は出馬意向を固めているほか、石破茂前政調会長、町村信孝元官房長官、林芳正政調会長代理らも意欲を示し、立候補者が乱立する可能性が出ている。

 谷垣氏は、自民党が野党に転落した2009年9月の総裁選で、「政権奪還」を公約に掲げて選ばれた。9月8日の今国会会期末までに衆院解散がないと、党内で「公約違反」の批判が高まる可能性がある。
(2012年8月30日14時37分  読売新聞)

« 橋下市長「衆院選挙区150・比例90に半減」 | トップページ | 東京【社説】「浜岡」住民投票 熟した民意の表れだ »

「国内情勢」カテゴリの記事