無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 安倍元首相との連携に期待 大阪維新幹事長「価値観合っている」 | トップページ | <内部被ばく>自家栽培の野菜食べ 福島の男性2人 »

2012年8月22日 (水)

原発ゼロ、最多の46.7%=「安全重視」で増加-政府の討論型世論調査

http://www.jiji.com/jc/c?g=eco&k=2012082200284
原発ゼロ、最多の46.7%=「安全重視」で増加-政府の討論型世論調査

 新たなエネルギー政策の策定に向け、討論型世論調査を実施した政府の実行委員会(委員長・曽根泰教慶大大学院教授)は22日、調査結果を公表した。政府が提示した2030年の原発依存度の選択肢は「0%」の支持が46.7%と最も多く、「15%」は15.4%、「20~25%」は13.0%だった。
 政府は、討論型世論調査や全国各地で行った意見聴取会などを踏まえ、エネルギー政策の方向性を示す「革新的エネルギー・環境戦略」を策定する。8月中に策定するとしているが、9月以降にずれ込む可能性が高まっている。
 今回の調査では初めに電話による質問を行い、回答者約6800人から募った285人が討論会に参加。討論会前後の2回のアンケートを加え計3回質問し、意見の変化を分析した。原発依存度の各選択肢について「強く反対」を0とし、「強く賛成」の10までの11段階で評価を求めた。
 6以上の評価をその選択肢の支持と見なした場合、3回の調査のすべてで「0%」の支持が最も多かった。電話調査の段階では32.6%だったが、討論会後の調査では14.1ポイント上昇し、46.7%となった。実行委は「安全性の確保」を重視する人が増え、0%支持が増加したと分析している。(2012/08/22-12:24)

« 安倍元首相との連携に期待 大阪維新幹事長「価値観合っている」 | トップページ | <内部被ばく>自家栽培の野菜食べ 福島の男性2人 »

原発情勢関連」カテゴリの記事