無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 「日本社会は保守化」=関係改善の意向も-韓国外相 | トップページ | 北東アジア非核地帯設置を=50カ国の国会議員ら-カザフ国際会議 »

2012年8月29日 (水)

<南海トラフ巨大地震>最悪で死者32万3000人想定

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120829-00000047-mai-soci

<南海トラフ巨大地震>最悪で死者32万3000人想定

毎日新聞 8月29日(水)17時5分配信

 東海から九州沖を震源域とする「南海トラフ巨大地震」について、中央防災会議の作業部会と内閣府の検討会が29日、被害想定や浸水域などを発表した。関東から九州の太平洋側が最高34メートルの津波と震度7の激しい揺れに見舞われ、最悪のケースでは死者32万3000人、倒壊・焼失建物が238万6000棟に上り、1015平方キロが浸水する。内閣府は「発生頻度は極めて低い」として冷静に受け止めるよう強調しているが、国や自治体はこの想定に基づいた防災対策を迫られる。

【表でみる】津波避難:車利用による死者数、地形によって大きな差

 死者数が最悪となる場合、23万人が津波、8万2000人が建物倒壊、1万人が火災で死亡する。都府県別では静岡県の10万9000人が最多。負傷者は62万3000人で、建物の下敷きになるなど要救助者は33万人に上る。

 建物の耐震化率が現状の79%から100%になった場合、建物倒壊による死者は約8割減少。迅速に避難した場合の津波による死者も、そうでない場合と比べて最大で8割減る。

 一方、最も被害が小さい場合でも、死者は東日本大震災を大きく上回る3万2000人、全壊・焼失棟数は94万棟。中央防災会議が03年に出した東海・東南海・南海の3連動地震の想定は死者2万4700人、全壊棟数94万200棟だった。【池田知広、八田浩輔、鳥井真平】

« 「日本社会は保守化」=関係改善の意向も-韓国外相 | トップページ | 北東アジア非核地帯設置を=50カ国の国会議員ら-カザフ国際会議 »

「国内情勢」カテゴリの記事