無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 野党7会派 規制委人事案採決で申し入れ | トップページ | 安倍元首相との連携に期待 大阪維新幹事長「価値観合っている」 »

2012年8月21日 (火)

脅迫、連行の証拠ない=従軍慰安婦問題で-橋下大阪市長

時代劇のお白砂で、悪者はしばしば「そういうなら証拠を出せ」「そうだ、そうだ、出してみろ」と合唱するよね。そういうとき、たいてい、遠山の金さんが諸肌を脱いで「てやんでぃ、この桜吹雪が見えねえか」とやるんだけどね。(高田)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012082100418
脅迫、連行の証拠ない=従軍慰安婦問題で-橋下大阪市長

 大阪市の橋下徹市長は21日、旧日本軍の従軍慰安婦問題について「慰安婦が軍に暴行、脅迫を受けて連れて来られたという確たる証拠はない。もしそういうものがあったというなら、韓国の皆さんにも(証拠を)出してもらいたい」と述べた。その上で「韓国の言い分を今この段階で全部否定しているわけではない」と語った。市役所内で記者団の質問に答えた。
 橋下市長は、竹島問題に関して「従軍慰安婦という課題が根っこにある」と指摘、従軍慰安婦問題も影響しているとの見方を示した。 
 市長はまた、尖閣諸島と竹島をめぐる日本と中国、韓国との対立について「日本の主張はきちんとやるべきところはやらなければいけない」とした上で、「相手方の主張をしっかりと理解しないで、何か対立したときの解決方法を導き出すことはできない」と述べ、中韓両国との関係など近現代史教育の必要性を強調した。(2012/08/21-18:14)

« 野党7会派 規制委人事案採決で申し入れ | トップページ | 安倍元首相との連携に期待 大阪維新幹事長「価値観合っている」 »

「国際情勢」カテゴリの記事