無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 木語:どうした、アーさん=金子秀敏 | トップページ | 自民総裁選9月26日、候補者乱立の可能性も »

2012年8月30日 (木)

橋下市長「衆院選挙区150・比例90に半減」

http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/news/20120830-OYT1T00539.htm?from=top
橋下市長「衆院選挙区150・比例90に半減」

 地域政党・大阪維新の会代表の橋下徹大阪市長は30日の記者会見で、次期衆院選の公約「維新八策」に盛り込む衆院議員定数(現行480)の半減を巡り、小選挙区(同300)を150、比例選(同180)を90とする考えを表明した。

 「現在の選挙区は狭すぎる。国会議員が地元の盆踊りや葬式ばかりに行っている」と述べ、小選挙区の区割り拡大を訴えた。

 橋下氏は、衆院定数の半減公約に民主党の輿石幹事長が「定数半減で国民の民意が反映できるか心配」と発言したことに触れ、「議員の数が多いほど民意が反映できると言うが、そんなばかなことはない。今の数の方が、ミクロな声に縛られすぎて、日本全体の国民の声をすくい上げる仕組みになっていない」と反論。「100万人ぐらいのエリアに議員1人の選挙区にして盆踊りや葬式から解放すべきだ」と述べた。
(2012年8月30日11時45分  読売新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120830-00000598-yom-pol

橋下市長、府名称変更など「ダブル住民投票」へ

読売新聞 8月30日(木)12時11分配信

 大阪市の橋下徹市長は30日の記者会見で、「大阪都」構想実現の前提となる特別法が今国会で成立したことを受け、都構想実現に必要な大阪市内の住民投票と、大阪府を名称変更するために府内全域で実施する住民投票を同時に行う「ダブル住民投票」を目指す考えを明らかにした。

 特別法では、大阪市を分割して特別区に再編するため、大阪市民が対象の住民投票で過半数の賛同を得ることが不可欠となる。住民投票について、橋下市長は「過半数になるまで、区割りの組み合わせを変えてやり続ける」と述べた。

 一方、道府県の名称を変更する規定はないため「大阪都」の名称は使えず、府の名称変更には、別の特別法を制定し、府民の住民投票を行う必要がある。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120830/stt12083012170004-n1.htm
小選挙区150人に 全国比例90議席と橋下大阪市長 衆院定数半減構想
2012.8.30 12:16

 大阪維新の会を率いる橋下徹大阪市長は30日の記者会見で、次期衆院選公約「維新八策」に盛り込む衆院定数半減について、小選挙区選出議員を現行の300人から150人に半減し、比例代表は現行のブロック単位をやめ全国単位の90議席とする構想を明らかにした。

 衆院議員定数半減に対し、既成政党は反発しており、維新の会は次期衆院選の争点に位置付けている。

 橋下氏は会見で一つの選挙区から複数が当選する中選挙区制の復活は否定。小選挙区制に賛成した上で「選挙区が狭すぎる。都道府県に1人で十分と思っているが、今の選挙区のエリアを倍に広げ、選挙区を100万人ぐらいにする」と強調した。

 比例代表については「ブロック単位の比例代表は考えていない。全国比例代表にすれば国会議員が全国的に物事を考えてくれる」と述べた。

« 木語:どうした、アーさん=金子秀敏 | トップページ | 自民総裁選9月26日、候補者乱立の可能性も »

「国内情勢」カテゴリの記事