無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« アーミテージ氏ら、対日政策提言へ=大統領選後にらみ超党派専門家-米 | トップページ | 反原発団体と首相面会延期、政府・与野党批判で »

2012年8月 8日 (水)

民主党綱領、改正案に「天皇制」明記

自民党や、みんあ、たち日などの改憲案が復古的なものだったことと、歩調を合わせたわけではあるまいに。この空気の流れが怖いな。要、注意だ。(高田)

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120808-OYT1T00287.htm

民主新党綱領案、エネルギー構造の抜本転換明記

 民主党の綱領検討委員会(委員長・直嶋正行元経済産業相)は党綱領案を取りまとめ、7日の党常任幹事会に提示した。1998年の結党時に定めた「私たちの基本理念」を修正する形でまとめられた。

 綱領案には、菅前首相らが脱原発の主張を強めていることを踏まえ、「エネルギー構造の抜本的転換」を進めると明記。鳩山元首相が首相時代に導入した「新しい公共」の理念を新たに盛り込んだほか、現行の基本理念にある「友愛」の言葉も残し、党内融和への配慮が目立つ内容となった。

 外交・安全保障では「日本の安全と国土を総合的に守り、地球的な諸課題に積極的な役割を担う」とし、具体論に踏み込まなかった。憲法についても、「『国民主権・基本的人権の尊重・平和主義』という憲法の基本精神をさらに具現化する」とした基本理念の文言を踏襲するにとどめた。
(2012年8月8日09時17分  読売新聞)

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0702E_X00C12A8PP8000/

民主党綱領、改正案に「天皇制」明記

 民主党は7日の常任幹事会で、党綱領の改正案を報告した。「自立と共生の社会」を目指すとしたうえで、エネルギー政策については「構造の抜本的転換を推進する」と明記。世論に配慮し、脱原発依存の姿勢を明確にした。先にまとめた原案に「天皇制」の文言を加え、保守色もにじませた。8日の両院議員総会に示し、来年1月の党大会での決定を目指す。

« アーミテージ氏ら、対日政策提言へ=大統領選後にらみ超党派専門家-米 | トップページ | 反原発団体と首相面会延期、政府・与野党批判で »

改憲動向」カテゴリの記事