無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 反原発団体と首相面会延期、政府・与野党批判で | トップページ | 羽田雄一郎国土交通相靖国参拝、「適宜判断」 松原拉致担当相が含み »

2012年8月 8日 (水)

自民の対応「理解できない」=消費増税法案で-経済同友会・長谷川代表幹事

消費税が大変だと、ばかりに、経団連の米倉会長も、同友会の長谷川代表も、一斉に政府擁護に回っている。(高田)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol
自民の対応「理解できない」=消費増税法案で-経済同友会・長谷川代表幹事

 経済同友会の長谷川閑史代表幹事は8日、自民党が消費増税関連法案の参院採決に応じる条件として衆院解散を求めていることについて「日本にとって最重要の法案を犠牲にしてまで解散を求めるのは理解できない。政争の具に使っていると判断されてもしょうがない」と批判した。都内で開いた記者会見で語った。
 長谷川代表幹事は、同法案が成立しなかった場合は「(金融市場で)相当ネガティブな反応があることも覚悟しなければいけない」と強調、財政再建の遅れが金利上昇につながりかねないとの懸念を示した。その上で「本当に国家の将来を考えるなら、どんなことがあっても(法案を)通すべきだ」と訴えた。(2012/08/08-16:09)

« 反原発団体と首相面会延期、政府・与野党批判で | トップページ | 羽田雄一郎国土交通相靖国参拝、「適宜判断」 松原拉致担当相が含み »

「国内情勢」カテゴリの記事