無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« オスプレイ「南西諸島防衛に有用」 首相、衆院予算委で | トップページ | 都の尖閣上陸申請、不許可へ…中国刺激を懸念か »

2012年8月27日 (月)

野田首相、慰安婦と竹島は別問題=松原氏「河野談話見直し提起も」

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012082700215
野田首相、慰安婦と竹島は別問題=松原氏「河野談話見直し提起も」

 野田佳彦首相は27日午前の参院予算委員会で、韓国の李明博大統領が竹島に上陸した背景に旧日本軍の従軍慰安婦問題に対する日本政府の対応への不満があったとの見方について、「本来、結び付く話ではない。領土の問題は領土の問題だ」と指摘、「そんなことを理由に上陸したのなら、なおさらおかしな話だ」と不快感を示した。
 首相は慰安婦問題について「(日韓請求権協定が締結された)1965年に法的には決着がついている」と強調。この問題で「心からのおわびと反省」を表明した93年の河野洋平官房長官談話に関し「強制連行した事実を文書では確認できないし、日本側の証言はなかったが、いわゆる従軍慰安婦への聞き取りを含めて談話ができた」と説明した上で、「歴代政権が踏襲しており、わが政権としても基本的には踏襲する」と述べた。
 ただ、松原仁国家公安委員長は河野談話について「政府が発見した資料には軍や官憲による強制連行を直接示す記述は見当たらなかったことも踏まえ、閣僚間で議論すべきだと提案することを考えたい」と述べ、見直しの提起を検討する考えを示した。いずれも新党「国民の生活が第一」の外山斎氏への答弁。 (2012/08/27-11:11)

« オスプレイ「南西諸島防衛に有用」 首相、衆院予算委で | トップページ | 都の尖閣上陸申請、不許可へ…中国刺激を懸念か »

「国際情勢」カテゴリの記事