無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 広島原爆の日 福島から避難 国民投票呼び掛け | トップページ | 民主党綱領、改正案に「天皇制」明記 »

2012年8月 8日 (水)

アーミテージ氏ら、対日政策提言へ=大統領選後にらみ超党派専門家-米

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012080800142
アーミテージ氏ら、対日政策提言へ=大統領選後にらみ超党派専門家-米

 【ワシントン時事】米有力シンクタンク「戦略国際問題研究所」(CSIS)は7日、知日派のリチャード・アーミテージ元国務副長官とジョセフ・ナイ・ハーバード大教授ら超党派の外交・安全保障専門家グループによる日米関係や対アジア戦略に関する提言を15日に公表すると発表した。
 アーミテージ、ナイ両氏は2000年と07年にも、日米同盟の強化を柱とした報告書「アーミテージ・リポート」を発表しており、今回が3回目となる。11月の大統領選後をにらみ、選挙結果にかかわらず米政権の対外政策の指針とさせるのが狙いとみられる。
 今回の提言は「日米同盟・アジア安定の支え」と題した。中国の急速な軍拡や海洋進出の動きなどを踏まえ、アジア太平洋地域の安全保障に日本が一層の役割を果たすことなどを求める見通しだ。 
 共和党系のアーミテージ氏はブッシュ前政権で国務副長官。民主党系のナイ氏はクリントン政権で国防次官補を務め、冷戦後の日米安保体制の「再定義」を主導した。(2012/08/08-07:10)

« 広島原爆の日 福島から避難 国民投票呼び掛け | トップページ | 民主党綱領、改正案に「天皇制」明記 »

日米関係」カテゴリの記事