無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 集団的自衛権 首相が議論解禁 再選へ新たな課題設定 | トップページ | 原発抗議行動、人数どっち? 主催者と警視庁発表に大差 »

2012年7月 7日 (土)

尖閣、国が購入方針 政権、都に伝達 地権者側とも交渉

http://www.asahi.com/politics/update/0707/TKY201207060791.html
尖閣、国が購入方針 政権、都に伝達 地権者側とも交渉

写真:東シナ海に浮かぶ尖閣諸島(手前から南小島、北小島、魚釣島)拡大東シナ海に浮かぶ尖閣諸島(手前から南小島、北小島、魚釣島)

図:尖閣諸島の地図拡大尖閣諸島の地図

 野田政権は尖閣諸島(沖縄県石垣市)を国有化する方針を固め、東京都の石原慎太郎知事に6日、尖閣諸島を購入する意向を伝えた。政権幹部はすでに地権者側とも交渉しており、購入を前提に折衝を進めている。政権は年内に国有化にめどをつけたい考えだが、領有権を主張する中国が反発を強める可能性がある。

 野田政権が購入を検討しているのは、魚釣島と南小島、北小島の3島。事務レベルで都側と非公式に交渉してきたが、政府高官が6日、都庁に石原知事を訪ね、3島の国有化を検討していることを伝えた。

 3島はいずれも無人島で、現在は個人が所有している。日本の排他的経済水域(EEZ)の基点になっており、日本政府は「国際法上も歴史的に見ても、我が国固有の領土」(野田佳彦首相)との立場だ。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120707/plc12070709140007-n1.htm

尖閣、政府が国有化方針

 東京都が購入を検討している沖縄の尖閣諸島について、野田政権が国有化する方針を固め、島の地権者と調整していることが7日、関係者への取材で分かった。

 尖閣諸島は沖縄本島の西約400キロの東シナ海に位置し、主に5島と3つの岩礁で構成。明治28(1895)年に日本領土に編入された。

 かつて、かつお節工場などもあったが現在は無人。昭和40年代に周辺海域で石油や天然ガスなど地下資源埋蔵の可能性が指摘され、中国と台湾が領有権を主張し始め、平成22年には中国漁船衝突事件が発生した。

 東京都の石原慎太郎知事は主要な5島のうち、すでに国有化されている大正島をのぞく、魚釣島、北小島、南小島、久場島の購入を表明している。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2012070702000111.html

集団的自衛権容認盛る 政府 戦略会議分科会が提言

2012年7月7日 朝刊


 中長期的な国家ビジョンを検討している政府の国家戦略会議のフロンティア分科会は六日、集団的自衛権の行使容認を提言する報告書を野田佳彦首相に提出した。政府は、集団的自衛権の行使は憲法で禁じられているとの解釈を堅持してきたが、政府が報告書を基に近くまとめる日本再生戦略に盛り込まれれば、将来的な解釈変更に道を開きかねない。 

 報告書は二〇五〇年の日本のあるべき姿を提言した。安全保障分野では、同盟国などが武力攻撃を受けた場合、応戦する集団的自衛権に関し「解釈など旧来の制度・慣行の見直しを通じて協力手段の拡充を図るべきだ」と明記した。

 野田首相は報告書提出を受け「考え方を日本再生戦略の中に存分に反映させたい。社会全体で国づくりに向けた議論を喚起することにつながることを期待したい」と述べた。首相は就任前、著書で集団的自衛権の行使を主張していたが、今年二月の国会答弁では「政府としては行使できないという解釈をしてきた。現時点でその解釈を変えることは考えていない」と述べている。

« 集団的自衛権 首相が議論解禁 再選へ新たな課題設定 | トップページ | 原発抗議行動、人数どっち? 主催者と警視庁発表に大差 »

「国際情勢」カテゴリの記事