無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 原発再稼働反対の集会・デモ…民主党政権揺るがす | トップページ | 大飯、志賀の再調査指示=原発敷地「活断層」で―保安院 »

2012年7月18日 (水)

米公使、前原氏発言に不快感

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012071800588
米公使、前原氏発言に不快感

 国民新党の下地幹郎幹事長は18日、都内の米国大使館でトン首席公使と会い、墜落事故が相次いでいる米軍の垂直離着陸輸送機オスプレイの沖縄配備について、安全性が確認されるまで延期するよう求めた。
 下地氏によると、トン氏は日本の外務、防衛両省が既に配備計画を了承していると主張。配備延期を米側に求めない日本政府の姿勢を民主党の前原誠司政調会長が批判したことについて、「唐突でびっくりしている」と不快感を示した。下地氏が「今の米国の態度は日本国民の理解を得られない」と再考を促したのに対し、トン氏は「上に伝える」と答えた。(2012/07/18-15:24)

« 原発再稼働反対の集会・デモ…民主党政権揺るがす | トップページ | 大飯、志賀の再調査指示=原発敷地「活断層」で―保安院 »

日米関係」カテゴリの記事