無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 日米両政府に直接要請へ=オスプレイ配備撤回求め-8月県民大会後・沖縄 | トップページ | 共産党90周年:志位委員長、組織強化訴え »

2012年7月19日 (木)

「3・11は天誅」 自民・河村氏が発言 新潟の講演で

http://www.asahi.com/politics/update/0718/TKY201207180638.html
「3・11は天誅」 自民・河村氏が発言 新潟の講演で

 自民党の河村建夫選挙対策局長は18日、新潟市で講演し、「もう一度、国づくりをやり直さないといけないときにきた。その天誅(てんちゅう)ともいうものが3・11の(東日本)大震災だった、という受け止めが、あながち当たっていないことはないと思う」と述べた。

 次期衆院選の立候補予定者の会合で発言した。「天誅」の部分の前には民主党政権の景気対策を、後には震災対応を批判した。

 河村氏は講演後、朝日新聞の取材に「言葉の使い方が悪かったが、被災地に天誅が下ったなどという意味では決してない」と述べ、「国難の時に民主党の震災対策が遅れ、『何をやっているんだ』という天の声があるのではないか、という意味だった」と説明した。

 河村氏はさらに、「私の真意は、民主党政権の景気対策の生ぬるさを批判し、本来、倫理・道徳観に優れ、勤勉な国民の努力が民主党の経済政策に生かされていない現状を強調したものであり、決して被災地ならびに被災された方々へ向けられたものではない」とする談話を発表した。

« 日米両政府に直接要請へ=オスプレイ配備撤回求め-8月県民大会後・沖縄 | トップページ | 共産党90周年:志位委員長、組織強化訴え »

「国内情勢」カテゴリの記事