無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 国政進出見送り示唆=都構想法案成立の場合―橋下大阪市長 | トップページ | 沖縄県議選:知事与党、過半数届かず »

2012年6月11日 (月)

民主、定数50減で最終調整 衆院選改革、比例は45減

http://www.asahi.com/politics/update/0610/TKY201206090632.html

民主、定数50減で最終調整 衆院選改革、比例は45減

図:民主党の衆院選挙制度改革案拡大民主党の衆院選挙制度改革案

 民主党が衆院選挙制度改革で、比例区を45削減し、小選挙区の5削減とあわせて定数を50削減する新しい案の最終調整に入った。比例区の一部を連用制にし、削減幅を小さくすることで公明党などに配慮。週明けの与野党幹事長・書記局長会談で提示する方針だ。

■35議席は連用制、公明などに配慮

 新たな案は各党協議会の座長を務める樽床伸二幹事長代行が4月25日に示した私案がベースだ。1票の格差是正のため小選挙区は5減。比例11ブロックを廃止して全国区とし、私案では75減としていたのを45減に抑え、比例区定数を135とする。うち35議席分は少数政党が有利になるよう配分する連用制を導入する。

« 国政進出見送り示唆=都構想法案成立の場合―橋下大阪市長 | トップページ | 沖縄県議選:知事与党、過半数届かず »

「国内情勢」カテゴリの記事