無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« <男性遺体>南相馬で自殺か 避難指示解除準備区域の民家 | トップページ | 原発都民投票 厚い壁 都議会自民「条例反対」 »

2012年6月13日 (水)

衆院選後に3党大連立、公明幹事長が可能性言及

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120612-OYT1T00893.htm
衆院選後に3党大連立、公明幹事長が可能性言及

 公明党の井上幹事長は12日、東京都内で開かれた、次世代政治リーダーの育成を目指す有識者らの組織「日本アカデメイア」の会合で講演し、次期衆院選後に民主、自民、公明3党で大連立を組む可能性に言及した。

 出席者によると、井上氏は「今は与野党合意に苦労している。解散・総選挙後に大連立か協議体をつくって、民自公3党が参加し、懸案を解決していくことが必要だ」と語った。井上氏はかねて民主党との連携にも前向きで、「決められない政治」に対する国民不信を払拭したいとの考えを示したものだ。
(2012年6月12日17時55分  読売新聞)

« <男性遺体>南相馬で自殺か 避難指示解除準備区域の民家 | トップページ | 原発都民投票 厚い壁 都議会自民「条例反対」 »

「国内情勢」カテゴリの記事