無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« オスプレイ:東北、四国、九州などで低空飛行訓練を計画 | トップページ | 北朝鮮、中国情勢めぐり意見交換=日米が局長級安保協議 »

2012年6月19日 (火)

政治活動に罰則は違法と政府 地方公務員で見解

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012061901001331.html

政治活動に罰則は違法と政府 地方公務員で見解

2012年6月19日 11時01分

 政府は19日の閣議で、地方公務員の政治活動を規制する条例に罰則を設けることは、地方公務員法に違反するとの答弁書を決めた。大阪市の橋下徹市長は、全国で初めて市職員の政治活動を規制する罰則付きの条例案の提出を目指しているが、国との見解が対立した形となった。

 答弁書では、1950年に成立した地方公務員法の提案理由の説明で、職員の政治的行為の制限に違反した場合は懲戒処分による対応で十分との見解が示されたと指摘。国会審議で当初案にあった政治活動をあおる行為に対する罰則を外した経緯も踏まえ「条例で罰則を設けることは法律に違反し、許容されないと考えられる」とした。
(共同)

« オスプレイ:東北、四国、九州などで低空飛行訓練を計画 | トップページ | 北朝鮮、中国情勢めぐり意見交換=日米が局長級安保協議 »

「国内情勢」カテゴリの記事