無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 「反原発」強硬知事が“変節”した「理由」 | トップページ | 太平洋に米艦船の6割展開へ=アジアでのプレゼンス拡大で-国防長官 »

2012年6月 2日 (土)

<橋下市長>「民主党政権倒す」発言を撤回 対決姿勢も修正

橋下市長は「君子」に該当しないので「君子は豹変す」のたとえは使えないが、その原因が財界の圧力であったことを問わず語りに白状しているようなもの。(高田)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120601-00000133-mai-pol
<橋下市長>「民主党政権倒す」発言を撤回 対決姿勢も修正

毎日新聞 6月1日(金)22時40分配信

 「大阪維新の会」代表の橋下徹・大阪市長は1日、関西電力大飯原発3、4号機(福井県)の再稼働を巡り、「民主党政権を倒す」としてきた自らの発言を撤回すると述べた。次期衆院選で民主と対決するとしてきた維新の方針も見直す方針を明言した。

 市役所で記者団に述べた。橋下市長は、政府が大飯原発の再稼働を妥当と判断した4月13日、「政治家が安全なんて確認できるわけはない。次の選挙で民主党政権に代わってもらう」と発言。維新の会としても翌日、次期衆院選で民主と全面対決する方針を決定したが、わずか1カ月半で方針転換することになった。

 橋下市長はこの日、原発再稼働を「事実上容認する」と判断する決め手になったのは、細野豪志・原発事故担当相の発言だったと説明。5月30日の関西広域連合で、細野氏が「(再稼働について)暫定的な安全判断だ」と橋下市長の主張を一部受け入れたことが、政権への対決姿勢を軟化させた最大の理由だったと明かした。

 一方、5月15日に関西の経済3団体首脳らと会食した際、再稼働について「何とかならないか」と求められたことも明かしたが、「(経済界からの)脅しや圧力は一切ない。細野氏の発言が一番の判断根拠だ」と強調した。【原田啓之】

« 「反原発」強硬知事が“変節”した「理由」 | トップページ | 太平洋に米艦船の6割展開へ=アジアでのプレゼンス拡大で-国防長官 »

原発情勢関連」カテゴリの記事