無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« マスメディア時評/「決められる政治」賛美する愚 | トップページ | 決められない民主…原発住民投票案、賛否割れる »

2012年6月21日 (木)

海兵隊型と空軍型は別?=オスプレイ配備で米報道官

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012062100179
海兵隊型と空軍型は別?=オスプレイ配備で米報道官

 【ワシントン時事】米国防総省のリトル報道官は20日、フロリダ州で起きた空軍の垂直離着陸輸送機CV22オスプレイ墜落事故に関して記者団に、「CV22を沖縄を含むアジア太平洋地域に配備する計画は現時点でない」と指摘、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に展開させるのは海兵隊のMV22型だと強調した。同報道官は後になって、両タイプを区別する意図を否定したものの、今回の事故機と基本的な設計に違いのないMV22の普天間配備を正当化する発言として地元で波紋を呼びそうだ。 
 MV22オスプレイも今年4月、モロッコで墜落事故を起こし、米兵2人が死亡した。米側は「機体に問題はない」と結論付けたが、沖縄県内では反発が広がっている。
 リトル報道官は空軍のCV22と海兵隊のMV22を区別するかのような自身の発言について、記者団から「(フロリダの事故を受けた)地元の懸念はMV22には当てはまらないという趣旨か」とただされ、「(両タイプを)分けるつもりはない」と釈明。「(仲井真弘多)沖縄県知事の懸念は承知している」とも述べた。
 また、同席した統合参謀本部のラパン報道官(海兵隊大佐)は「どんな型であろうと、オスプレイに対する懸念に関しては日本政府に情報を伝え、配備の必要性や効用を説明している」と語った。(2012/06/21-09:19)

« マスメディア時評/「決められる政治」賛美する愚 | トップページ | 決められない民主…原発住民投票案、賛否割れる »

日米関係」カテゴリの記事