無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 特集ワイド:消費増税国会 民主党政策調査会長代行・仙谷由人氏に聞く | トップページ | <男性遺体>南相馬で自殺か 避難指示解除準備区域の民家 »

2012年6月11日 (月)

“オスプレイ 岩国で試験飛行を”

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120611/k10015741381000.html

“オスプレイ 岩国で試験飛行を”

アメリカ海兵隊の最新型輸送機「MV22オスプレイ」を巡って、神風防衛政務官は山口県岩国市の福田市長と会談し、沖縄の普天間基地に配備する前に、岩国基地で試験飛行を行いたいという考えを伝え、理解を求めました。

「MV22オスプレイ」はヘリコプターのように垂直に離着陸し、水平飛行もできる最新型輸送機で、アメリカ海兵隊はことし沖縄の普天間基地に配備する計画ですが、ことし4月、モロッコで墜落事故が起きたことなどから、沖縄県内では配備に反発する動きが強まっています。
こうしたなか、神風防衛政務官は、11日午前、山口県岩国市を訪れ、福田市長と会談し、普天間基地に配備する前に10日から14日間程度、岩国基地に搬入し、試験飛行を行いたいという考えを伝えました。
そして、神風政務官は「沖縄の負担解消にもつながるので理解してもらいたい。安全や騒音の面で影響は少ないと認識しており、政府としてはぜひ実現したい」と述べました。
これに対し、福田市長は「沖縄の県民が抱いている不安感や思いは理解しているが、岩国市民の安心・安全を確保するという立場から、今後、オスプレイの安全性などを確認して、改めて返事をしたい」と述べました。
このあと、神風政務官は、山口県庁で二井知事と会談し、二井知事は「冷や水を浴びせられる思いだ。『はい、分かりました』というわけにはいかない。今の時点では反対せざるをえない。今後、岩国市と協議して返事をしたい」と述べました。

« 特集ワイド:消費増税国会 民主党政策調査会長代行・仙谷由人氏に聞く | トップページ | <男性遺体>南相馬で自殺か 避難指示解除準備区域の民家 »

日米関係」カテゴリの記事