無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 2030年の原発依存度、「15%が軸」 原発相が発言 | トップページ | 現行憲法の原則で現実の点検こそ/衆院審査会 笠井氏が強調 »

2012年5月25日 (金)

「核実験しない、に近い」 山口副大臣、北朝鮮発言巡り

http://www.asahi.com/politics/update/0525/TKY201205240684.html
「核実験しない、に近い」 山口副大臣、北朝鮮発言巡り

 山口壮外務副大臣は24日の記者会見で、北朝鮮外務省報道官が「(長距離弾道ミサイル発射は)平和的な衛星発射計画であり、核実験のような軍事的措置を予定したことはなかった」と発言したことについて、「核実験をしない、というのに近い表現だ」と評価した。そのうえで、北朝鮮の今後の具体的な行動を注視していく考えを示した。

 山口氏ら外務省幹部は同日、米国のデービース北朝鮮政策特別代表と会談。北朝鮮が核実験を自制するなどの行動をとった場合「日米韓として北朝鮮との対話に応じる用意がある」との認識で一致した。ただ、野田政権内には北朝鮮報道官発言について「米国の圧力が続けば、核実験するとの意思表示だ」(政府高官)という別の見方もある。

« 2030年の原発依存度、「15%が軸」 原発相が発言 | トップページ | 現行憲法の原則で現実の点検こそ/衆院審査会 笠井氏が強調 »

「国際情勢」カテゴリの記事