無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 橋下市長、藤村長官を名指しで批判…大飯再稼働 | トップページ | 柏崎刈羽再開ない場合、家庭値上げは15%強に »

2012年5月23日 (水)

共通番号制は必要ない/問題点を指摘 日弁連が集会

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-05-23/2012052304_02_1.html
共通番号制は必要ない/問題点を指摘 日弁連が集会
 「いまこそしっかり考えよう『共通番号法案』」と題した集会が22日、国会内で開かれました。主催は日本弁護士連合会(日弁連)。

 日弁連情報問題対策委員会の水永誠二副委員長は「所得の把握をすることが番号制のそもそもの目的。しかし、それができないことは政府自身が認めています。必要経費は今になっても発表されておらず、費用対効果はまったく不明です」と報告しました。

 全国保険医団体連合会の住江憲勇会長は「社会保障を否定し、納付に見合う給付にもっていくために用意されています。低所得者対策に番号が必要なら負担を少なくすればいいだけです」と指摘。

 日本ペンクラブ言論表現委員会の篠田博之副委員長は「国民的議論どころかほとんど知られていないのは大問題です。取り上げないメディアの責任は大きい」と話しました。

 日本共産党の塩川鉄也衆院議員は「共通番号法案はいま重要な局面です。廃案にしていく取り組みに力をあわせていきましょう」とあいさつしました。

« 橋下市長、藤村長官を名指しで批判…大飯再稼働 | トップページ | 柏崎刈羽再開ない場合、家庭値上げは15%強に »

「国内情勢」カテゴリの記事