無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 朝日社説:大飯原発―再稼働はあきらめよ | トップページ | 改憲派/国会での論議進める動き »

2012年5月21日 (月)

消費税先送りなら「重大決意」=石原自民幹事長

この「保守人脈」を「改憲人脈」と読み替えてもいい。(高田)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012052000144
消費税先送りなら「重大決意」=石原自民幹事長

 自民党の石原伸晃幹事長は20日、北海道旭川市で講演し、消費増税関連法案の今国会採決が見送りとなった場合は「野党として重大な決意を持って対処する」と内閣不信任決議案や首相問責決議案の提出を示唆し、野田佳彦首相をけん制した。
 石原氏は、首相が調整を指示した小沢一郎民主党元代表との会談に関し「党が分裂するのは良くないから、(消費増税法案は)秋の臨時国会で民主党代表選が終わってからやろう、ということになったら、野田内閣は持たない」と強調した。 
 また、石原慎太郎東京都知事を党首とする新党構想や橋下徹大阪市長が率いる大阪維新の会、みんなの党の動きに触れ、「彼らに共通しているのは私たちと同じ保守人脈。こういう人たちが集い合う政界再編は、ある意味では必定ではないか」と、衆院選後の連携の可能性に言及した。(2012/05/20-17:21)

« 朝日社説:大飯原発―再稼働はあきらめよ | トップページ | 改憲派/国会での論議進める動き »

「国内情勢」カテゴリの記事