無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 自民が原発再稼働を容認、公明は慎重 野党内に温度差 | トップページ | 大飯原発:再稼働は慎重に判断 枝野経産相 »

2012年4月 2日 (月)

社民ビル、荒廃の恐れ…建て替え・移転できず

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120401-OYT1T00376.htm
社民ビル、荒廃の恐れ…建て替え・移転できず

 社民党が旧社会党時代の1964年から50年近く使用してきた党本部ビル「社会文化会館」(東京・永田町)について、資金難から建て替えも移転もできず、対応に悩んでいる。

 31日には党がビルの維持管理を委託してきた財団法人が財政的に行き詰まって解散。老朽化が目立つビルが今後一層、荒廃する恐れが出ている。

 「社会文化会館」は、地下1階地上7階のビル。土井たか子委員長(当時)の「おたかさんブーム」の頃には、約200人の国会議員が出入りし、にぎわいを見せた。

 ビルを管理する財団法人は、ホールや会議室を貸し出し、賃料収入を得てきたが、昨年3月の東日本大震災発生後はビルの耐震性が問題視され、一般貸し出しを断念。法人存続が困難になり、31日に解散に追い込まれた。

 現在は2フロアに党本部などが入るだけで、党の国会議員数も10人の小所帯。「幽霊屋敷」とやゆされるビルのメンテナンスは4月1日以降、党が行うという。

 2月の定期党大会では、重野幹事長が党本部移転も選択肢として検討していることを明らかにした。建て替えは資金不足で難しいためだったが、ビルは国有地に立っており、移転時には解体して更地にする必要があり、多額の費用がかかることが判明。党本部問題は現在、振り出しに戻り、「打つ手がない」(党関係者)のが現状だ。
(2012年4月1日14時42分  読売新聞)

« 自民が原発再稼働を容認、公明は慎重 野党内に温度差 | トップページ | 大飯原発:再稼働は慎重に判断 枝野経産相 »

「国内情勢」カテゴリの記事