無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 首相、原発暫定基準作り指示 大飯再稼働の判断先送り | トップページ | 大飯再稼働、地元の理解と同意は別…官房長官 »

2012年4月 4日 (水)

大飯原発の再稼働、判断先送り 近隣府県の反発に配慮

http://www.asahi.com/politics/update/0403/TKY201204020672.html
大飯原発の再稼働、判断先送り 近隣府県の反発に配慮

 野田政権は2日、定期点検で停止中の関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)を再稼働させる政治判断を先送りする方針を固めた。福井県に隣接する京都府や滋賀県などの反発が強く、慎重に見極める。政権がめざす4月中の再稼働も厳しい情勢になった。

■枝野経産相、反対を明言

 野田佳彦首相は3日夕、枝野幸男経済産業相ら関係3閣僚と大飯原発の再稼働について協議。安全性の確認をするが、結論は見送る見通し。当初はこの段階で再稼働可能と判断し、地元を説得する方針だった。

 枝野経産相は2日の参院予算委員会で、社民党の福島瑞穂党首の質問に「地元をはじめ国民の一定の理解が得られなければ再稼働はしない」と答えたうえで、「現時点では私もいま再稼働に反対だ」と明言した。

 理解を求める「地元」の範囲は、「日本全国に福島(第一原発)の事故は直接、間接の影響を及ぼしている。そういう意味では『日本全国』が地元だ」と指摘。大飯原発から30キロ圏内に一部が入る京都府や滋賀県の知事が再稼働反対の意向であることを踏まえ、「2人の理解が得られないと地元の理解は得られたことにならない」と述べた。


http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2012040402000107.html
全原発停止強まる 大飯再稼働判断先送り 首相、新基準指示

2012年4月4日 朝刊


 野田佳彦首相は三日夜、藤村修官房長官、枝野幸男経済産業相、細野豪志原発事故担当相と官邸で関西電力大飯(おおい)原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働の是非について協議した。首相らは判断を先送りし、慎重に議論を続けていく方針を確認。来月五日には国内の商業用原発五十四基のうち、唯一稼働中の北海道電力泊原発3号機(北海道泊村)が定期検査のため停止する。それまでに大飯原発を再稼働させるのは困難となり、「全原発停止」の公算が強まってきた。 

 首相は席上、枝野氏に対し、福井県やおおい町が要望している東京電力福島第一原発事故の教訓を踏まえた新たな安全基準について、暫定的な新基準をつくり、週内に開催する次回会合までに提示するよう指示した。

 これに先立つ冒頭のあいさつでは、再稼働について「国民の視点から、必要な安全性が確保されているかどうか、しっかり判断していきたい」と強調。「安全評価(ストレステスト)の一次評価の結果など、これまでに明らかになったすべての事実について徹底的に検証したい」と述べた。

 首相らは当初、経済産業省原子力安全・保安院と内閣府原子力安全委員会が安全評価の一次評価を妥当と判断したことを受け、三月中にも再稼働を判断する構えだった。

 しかし、大飯原発のある福井県だけでなく、周辺の滋賀県や京都府をはじめ、全国的に再稼働への慎重論が拡大。原発事故以来、課題となってきた再稼働の是非に関する政治判断のプロセスには入ったが、首相は協議を複数回重ね、慎重に判断する方針に転換した。協議には、民主党内で再稼働に前向きな仙谷由人政調会長代行も同席した。

 国内の原発がすべて停止するのは、一九六九年八月に東海原発(茨城県)が定期検査を終えて再稼働して以来、初めて。

<大飯原発> 福井県おおい町にある関西電力の原子力発電所で、1号機は1979年に運転を開始した。加圧水型軽水炉(PWR)が4基あり、総出力は471万キロワットと同社最大。原発再稼働の前提とされる安全評価(ストレステスト)で関電は昨年10月、全国に先駆けて3号機の1次評価結果を提出した。保安院は翌月に提出された同型の4号機と合わせて審査。想定される地震の揺れの1・8倍、津波は想定の4倍の11・4メートルまで炉心損傷を起こさないとした同社の評価を「妥当」と判断した。保安院から報告を受けた国の原子力安全委員会もこの判断を了承した。



« 首相、原発暫定基準作り指示 大飯再稼働の判断先送り | トップページ | 大飯再稼働、地元の理解と同意は別…官房長官 »

原発情勢関連」カテゴリの記事