無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 原発再稼働なしは「集団自殺」=電力不足を懸念-仙谷氏 | トップページ | 原発再稼働でも亀裂=政権波乱要因に-民主 »

2012年4月17日 (火)

「原発一瞬ゼロ」発言を撤回し謝罪 枝野経産相

http://www.asahi.com/politics/update/0417/TKY201204170214.html
「原発一瞬ゼロ」発言を撤回し謝罪 枝野経産相

 枝野幸男経済産業相は17日の閣議後会見で、国内で稼働する原発が「一瞬ゼロになる」と発言したことについて、「少なくとも、いったんはゼロになると言うべきだった。大変恥ずかしく申し訳ない」と述べ、発言を撤回し、謝罪した。

 枝野経産相は15日の徳島市での講演で、「原発が5月6日から一瞬ゼロになる」と語っていた。枝野氏は「丁寧に手順を踏めば、もし再稼働しても5月6日は超えることを言いたかった。ゼロの後、再稼働できるかは、これからの話」と話し、関西電力の大飯原発3、4号機の再稼働を前提にした発言でなかったとして、「おわびし、反省している」と述べた。

 一方、原発に対しては東京電力福島第一原発事故前から「懐疑的な立場」で、「事故に官房長官として対応し、ますますその思いは強くなった」と説明。「できるだけ早く原発依存から脱却することが必要」という慎重な立場で一貫していると強調し、「中長期では最大限(脱却に)努力し、短期の(原発の必要性の)判断も慎重な立場からチェックする」と述べた。

 また、原発が再稼働しない場合に懸念される今夏の電力不足について、「(節電などで)ギャップが埋められる確信が持てれば計画停電は必要ないが、少しでも不安があれば、計画停電の計画を立てることは、関西にかぎらずありうる」と述べ、今夏に計画停電を行う可能性があることを初めて示した。

« 原発再稼働なしは「集団自殺」=電力不足を懸念-仙谷氏 | トップページ | 原発再稼働でも亀裂=政権波乱要因に-民主 »

原発情勢関連」カテゴリの記事