無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 都知事 原発政策違っても連携可能 | トップページ | 脱原発へ「首長会議」 河村・名古屋市長ら70人参加 »

2012年4月29日 (日)

自民総裁、改憲へ決意=主権回復60年で集会

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012042800244
自民総裁、改憲へ決意=主権回復60年で集会

 サンフランシスコ講和条約発効から60年を迎えた28日、この日を「主権回復記念日」として祝日に定めることを求める集会が自民党本部で開かれた。同党の谷垣禎一総裁はあいさつで、昨年提出した祝日法改正案の成立を目指す考えを示した上で、「やるべきことはわれわれの手で憲法を作り直すことだ」と述べ、憲法改正への取り組みを加速させる決意を表明した。
 たちあがれ日本の園田博之幹事長は「自民党は間もなく政権を奪還するはずだ。今度こそ(自主憲法を)制定できるよう先頭に立ってもらいたい」とエールを送った。 
 一方、来賓として出席した嘉数昇明元沖縄県副知事は「4月28日は政府が沖縄を(米国の施政権下に残す形で)切り捨てた屈辱の日。(主権回復記念日とするなら)国民が基地負担を分かち合う決意を新たにする日であってほしい」と語った。(2012/04/28-17:10)

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120428/stt12042822340000-n1.htm
自民・谷垣総裁「憲法作り直すこと必要」


 サンフランシスコ講和条約の発効から60周年を迎えた28日、自民党は党本部で「主権回復記念日国民集会」を開き、憲法改正や4月28日を祝日とする法改正を目指すことを確認した。

 谷垣禎一総裁は「もう一回、われわれの手で憲法を作り直すことが必要だ。全力を挙げて私どもの憲法の考え方が現実のものになっていくよう頑張りたい」と表明。天皇を「元首」とし、国防軍の保持などを明記した党憲法改正案の実現に向け意欲を示した。

 自民党は28日を「主権回復記念日」とする祝日法改正案を、昨年8月に国会に提出している。

 集会には、自主憲法大綱案をまとめたたちあがれ日本も参加。園田博之幹事長は「まもなく自民党は政権を奪還するはずだ。今度こそ、ただ文字に書くだけではなく、本当に(新憲法を)制定できるよう先頭に立ってほしい」と語った。

« 都知事 原発政策違っても連携可能 | トップページ | 脱原発へ「首長会議」 河村・名古屋市長ら70人参加 »

改憲動向」カテゴリの記事