無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 橋下氏ら道州制めざし「知事・市長連合」発足へ | トップページ | 憲法改正案の今国会提出を確認 一院制議連 »

2012年4月19日 (木)

グアム移転:日本負担31億ドルに 米と大筋合意

http://mainichi.jp/select/news/20120419k0000m010150000c.html

グアム移転:日本負担31億ドルに 米と大筋合意

毎日新聞 2012年04月19日 02時30分

 日米両政府は18日、在日米軍再編ロードマップ(行程表)の見直し協議で焦点となっている在沖縄米海兵隊のグアム移転経費の日本側負担について大筋合意した。日本側の財政支出額は、当時の米国の物価ベースで上限28億ドル(約2260億円)とした09年のグアム移転協定を踏襲。物価上昇分を加味した現在の物価ベースの支出額では31億ドル(約2500億円)となる。一方、日本側負担のうち出資・融資分となっていた32.9億ドル(約2670億円)はゼロとする方向だ。

 野田佳彦首相は18日、首相官邸で玄葉光一郎外相、田中直紀防衛相らと在日米軍再編問題を協議した。両政府の外務・防衛担当閣僚は25日にも見直し協議の中間報告を共同文書で発表する。ただ、移転経費は詰めが残っており、文書に具体的金額は盛り込まない。

 09年の協定によると、移転費総額は102.7億ドル(約8320億円)で、日本側負担は60.9億ドル(約4930億円)。うち上限28億ドルが米側が返済しない日本の財政支出で、残る32.9億ドルは家族住宅などのため出資・融資する内容だ。

« 橋下氏ら道州制めざし「知事・市長連合」発足へ | トップページ | 憲法改正案の今国会提出を確認 一院制議連 »

日米関係」カテゴリの記事