無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« オスプレイ墜落 2米兵死亡 | トップページ | 亡国のトロイカ 小沢氏「PAC3はナンセンス」 »

2012年4月13日 (金)

<北朝鮮>ミサイル「バラバラに」 日本に影響なし

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120413-00000014-mai-pol
<北朝鮮>ミサイル「バラバラに」 日本に影響なし

毎日新聞 4月13日(金)9時20分配信
 韓国国防省は、北朝鮮が13日午前7時39分、「人工衛星打ち上げ」名目で事実上の長距離弾道ミサイルを、同国北西部・東倉里(トンチャンリ)の西海(ソへ)衛星発射場から発射したと発表した。日本側も田中直紀防衛相が午前8時20分すぎに記者会見し、「7時40分ごろ、北朝鮮からなんらかの飛翔体が発射されたとの情報を得ている。飛翔体は1分以上飛行し、洋上に落下した模様だ。我が国の領域への影響は一切ない」と述べた。防衛省と米メディアは「バラバラになったとみられる」と「失敗」と報じた。

 国連安全保障理事会は13日午前(日本時間13日夜)にも緊急会合を開催し、北朝鮮のミサイル発射を受けた対応について協議する。

 日本政府の発表によると、13日午前7時42分、米軍の早期警戒衛星(SEW)が熱感知による発射の兆候を探知。ミサイルが北朝鮮西岸から南に向けて発射が確認された。発射数は不明だが、発射後に数個に分かれた。日本への飛来はないという。

 米ABCテレビやCNNテレビは米当局者の話として、ミサイルは発射台から離れ、81秒飛翔したが、1段目の切り離しに失敗し、大気圏外に出ることなく空中で爆発したと伝えた。

 一方、防衛省関係者によると、ミサイルは上空約120キロまで上昇し、大気圏外まで出たとみられるが、四つに分かれたとしている。

 また、落下場所について、韓国軍は韓国西岸の群山沖約190から220キロの黄海としている。

 日本政府は8時40分から安全保障会議を開催。日本政府の官邸対策室は発射について当初、「確認していない」としていた。

« オスプレイ墜落 2米兵死亡 | トップページ | 亡国のトロイカ 小沢氏「PAC3はナンセンス」 »

「国際情勢」カテゴリの記事