無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 備忘録:主張】維新「船中八策」 国づくりの指針聞きたい2012.2.15 03:04 | トップページ | 一院制議連、改憲原案を初提出=不受理の見通し »

2012年4月27日 (金)

<震災関連死>1都9県で1618人 「阪神」大幅に上回る

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120427-00000030-mai-soci
<震災関連死>1都9県で1618人 「阪神」大幅に上回る

毎日新聞 4月27日(金)11時19分配信
 復興庁は27日午前、東日本大震災の避難所生活で体調を崩すなどして死亡する「震災関連死」と認定された人が、岩手、宮城、福島など1都9県で計1618人(3月31日現在)にのぼると発表した。1995年の阪神大震災(919人)を大幅に上回り、震災による「直接死」と「行方不明者」を合わせると2万人を超えるとみられる。

 最多は福島県の764人。以下、宮城県636人、岩手県179人、茨城県29人、千葉、長野両県が各3人、山形、埼玉、東京都、神奈川県が各1人。

 東京電力福島第1原発事故に起因するケースなども含まれるとみられ、平野達男復興相は27日の記者会見で原因把握の調査を進める考えを示した。

 関連死の認定に統一基準はなく、市町村が認定している。厚生労働省は震災後、各市町村に新潟県中越地震で長岡市が認定した事例を参考に提示。震災から1カ月以内であれば関連死の可能性が高く、それ以上なら低いといった内容になっている。

 平野氏は3月の衆院復興特別委員会で、実態調査を行うと表明。自治体が遺族に支払った災害弔慰金の支給状況などを基に集計した。【岡崎大輔】

« 備忘録:主張】維新「船中八策」 国づくりの指針聞きたい2012.2.15 03:04 | トップページ | 一院制議連、改憲原案を初提出=不受理の見通し »

原発情勢関連」カテゴリの記事