無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 原発住民投票条例:有効署名32万人分 都が最終発表 | トップページ | 政府「今夏0.4%電力不足」/民間機関批判「過大な需要見積もり」/原発なしでも余力 »

2012年4月24日 (火)

東海第二原発 燃料装填し発電方針 村長は反発

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2012042402000116.html
東海第二原発 燃料装填し発電方針 村長は反発

2012年4月24日 朝刊

 地元自治体などから日本原子力発電(原電)東海第二原発(茨城県東海村)の廃炉を求める声が高まる中、原電は六月に原子炉(圧力容器)に核燃料を装填(そうてん)し、発電まで実施する方針だと分かった。

 二十三日に開かれた村議会・原子力問題調査特別委員会で、大名美恵子氏(共産)が明らかにした。

 大名氏は今月十三日に原発を視察。その際に職員が「(昨年五月から実施している)定期検査の一環として燃料を装填した上で運転させたい。プールに置いておくのは必ずしも安全ではない」と説明したという。原電は本紙の取材に「定検スケジュールとして既に示してある」と核燃料装填の方針を認めた。

 東海第二は東日本大震災による津波で、電源や冷却用の海水ポンプを失いそうになったが、かさ上げした防潮壁のおかげでかろうじて事故を回避。冷温停止後、昨年六月に核燃料を取り出していた。

 原電の工程表などによると、今年六月に核燃料を再装填し、原子炉を起動。発電(調整運転)まで実施し、定期検査を終える、としている。

 ただ、東海第二は安全評価(ストレステスト)の結果が国に提出されておらず、すぐには再稼働はできない。

 原電の動きに対し、村上達也村長は「それ(燃料装填)をやったら、おしまいだ。戦時中の突き進む軍部と同じだ」と憤った。

« 原発住民投票条例:有効署名32万人分 都が最終発表 | トップページ | 政府「今夏0.4%電力不足」/民間機関批判「過大な需要見積もり」/原発なしでも余力 »

原発情勢関連」カテゴリの記事