無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 「戦場にさせないぞ」=市民団体が抗議-沖縄 | トップページ | 大飯原発の再稼働、判断先送り 近隣府県の反発に配慮 »

2012年4月 4日 (水)

首相、原発暫定基準作り指示 大飯再稼働の判断先送り

http://www.asahi.com/politics/update/0403/TKY201204030627.html
首相、原発暫定基準作り指示 大飯再稼働の判断先送り

 定期点検で停止中の関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働に向けて、野田政権は3日夜、首相官邸で関係閣僚の初会合を開いた。野田佳彦首相は、安全対策の暫定基準を作るよう経済産業省原子力安全・保安院に指示。判断を先送りした。

 会合には、野田首相のほか枝野幸男経産相、細野豪志原発相、藤村修官房長官らが出席した。冒頭、首相は「これまで行ってきた専門的、科学的な評価をしっかり確認し、国民の視点から再稼働に必要な安全性が確保されているか判断していきたい」と述べた。

 原子力安全・保安院がこれまでの安全確認の手続きを説明すると、今年3月にまとめた30項目の安全対策がわかりにくいといった意見が噴出。首相は「福島原発の事故原因を踏まえた、暫定的な基準を整備して提示するように」と、安全対策の暫定基準を次回会合で示すよう求めた。

 政権はストレステスト(耐性評価)の1次評価で安全性を確認する考えだったが、福井県は国に暫定基準の提示を要求しており、こうした意向を踏まえた。安全基準づくりを担う原子力規制庁の発足が遅れているため、保安院による暫定基準で理解を求める。

« 「戦場にさせないぞ」=市民団体が抗議-沖縄 | トップページ | 大飯原発の再稼働、判断先送り 近隣府県の反発に配慮 »

原発情勢関連」カテゴリの記事