無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 自衛隊「国防軍」に…自民・第2次憲法改正草案 | トップページ | 米軍再編見直し 同盟の抑止力強化進めよ »

2012年4月28日 (土)

野田首相、29日に訪米=同盟深化、共同声明発表へ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120428-00000058-jij-pol
野田首相、29日に訪米=同盟深化、共同声明発表へ

時事通信 4月28日(土)14時31分配信
 野田佳彦首相は29日から5月2日までの日程で、オバマ米大統領との首脳会談のため、ワシントンを訪問する。民主党政権発足後、首相の公式訪米は初めて。首相はオバマ大統領との信頼関係を深め、日米同盟の深化を確認する。
 首脳会談は30日午前(日本時間1日未明)に行われる。安全保障や経済、文化・人的交流を柱とする包括的な同盟関係の深化をうたった共同声明をとりまとめる。
 日米首脳が同盟関係を包括的に位置付ける声明や文書を出すのは、当時の小泉純一郎首相とブッシュ大統領が「日米関係が歴史上最も成熟した2国間関係の一つ」と明記した共同文書を発表した2006年以来。外務省幹部は今回の共同声明について「今後の日米同盟の在り方を方向付けるものになる」と強調する。
 両首脳はその後、大統領主催の昼食会をはさみ、共同記者会見に臨む。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120428-OYT1T00301.htm
日米首脳会談、北の核・ミャンマー民主化議題に

 【ワシントン=中島健太郎】米政府高官は27日、ワシントンで30日に行われる野田首相とオバマ米大統領による日米首脳会談について、「21世紀の同盟関係の共通構想を示すことが目標だ」と記者団に語った。

 会談では、北朝鮮やイランの核問題、ミャンマーの民主化支援などが主要議題になるとの見通しを示した。

 高官は、日米両政府が発表した在日米軍再編計画見直しの中間報告を「沖縄における手詰まりを打開するもの」と評価。在沖縄米海兵隊の国外移転と米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設の分離を確認したことで、「両首脳が(北朝鮮やイランなどの)長期的な安全保障の課題に集中することが可能となった」と指摘した。

 環太平洋経済連携協定(TPP)については「大きな進展の発表はないと思う」と語った。首相は今回の会談で交渉参加を表明しない予定だ。
(2012年4月28日10時59分  読売新聞) 

« 自衛隊「国防軍」に…自民・第2次憲法改正草案 | トップページ | 米軍再編見直し 同盟の抑止力強化進めよ »

日米関係」カテゴリの記事