無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 憲法の焦点:最終回:国会編・藤井裕久衆院議員「どうすればカーボンコピーを脱却できるか」 | トップページ | 南スーダンPKO、調査団を派遣へ »

2012年4月23日 (月)

夏の電力0.4%不足=関電は2桁、北海道・九州も―節電不可避・各社需給見通し

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120423-00000067-jij-pol
夏の電力0.4%不足=関電は2桁、北海道・九州も―節電不可避・各社需給見通し

時事通信 4月23日(月)16時28分配信
 政府は23日、今夏の電力需要や供給能力について議論する需給検証委員会(委員長・石田勝之内閣府副大臣)の初会合を開催した。電力各社が政府に提出した今夏の需給見通しによると、原発が再稼働せず、2010年並みの猛暑になった場合、全国で0.4%の電力不足が生じると推定。特に、原発を11基抱える関西電力では16.3%の不足を見込む。今夏も全国的な節電が避けられない情勢だ。
 電力不足の恐れがあるのは関電に加え、九州電力(3.7%)と北海道電力(3.1%)の3社。さらに東北電力や四国電力も、電力の安定供給に必要な3%の予備力を持つには至らず、ピーク時に不安を抱える。一方、東京電力は4.5%、中部電力も5.2%の余剰を見込む。
 地域別では、東日本(北海道、東北、東京3社管内)が3.7%の余剰、それ以外の西日本は3.6%のマイナスとしている。
 検証委は、企業の自主的な電力使用抑制などの効果を精査し、5月上旬にも最終的な需給見通しをまとめる。政府は検証結果を受け、関係閣僚らによる「エネルギー環境会議」で夏の節電計画を決定する。 

« 憲法の焦点:最終回:国会編・藤井裕久衆院議員「どうすればカーボンコピーを脱却できるか」 | トップページ | 南スーダンPKO、調査団を派遣へ »

原発情勢関連」カテゴリの記事