無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 消費増税 閣議決定 法案成立なお多難 財政、国際公約 首相は強気 | トップページ | 雑記(232)既出ですが、ユスラウメの開花と開花を待つ外苑のソメイヨシノ »

2012年3月30日 (金)

改憲論議、総務会に委ねる=自民

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012033000470
改憲論議、総務会に委ねる=自民

 自民党憲法改正推進本部は30日、党本部で総会を開き、憲法改正案の取りまとめに向けて議論した。「自衛軍を保持する」とした起草委員会の原案の9条に対し、「国防軍とすべきだ」との意見が出るなど異論が続出。総会では意見を集約せず、結論は総務会に委ねることになった。
 推進本部は、原案の前文などを修正した報告書を総務会に提出する。ただ、9条や、「天皇は国の元首」と明記した1条には手を入れず、総会での意見を報告書に付記する。同党は、日本の独立回復から60年を迎える4月28日までに成案を得たい考えだ。(2012/03/30-12:10)

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20120331k0000m010126000c.html
自民党:憲法改正案、議論の場を格上げ

 自民党の憲法改正推進本部(保利耕輔本部長)は30日、党本部で全体会合を開き、憲法改正案についての意見集約について、4月上旬からは総務会に委ねることを確認した。4月末までの成案決定を目指すなかで、天皇を「国の元首」と明記するかどうかなど重要項目について意見が分かれているため、議論の場を格上げする。

« 消費増税 閣議決定 法案成立なお多難 財政、国際公約 首相は強気 | トップページ | 雑記(232)既出ですが、ユスラウメの開花と開花を待つ外苑のソメイヨシノ »

改憲動向」カテゴリの記事