無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 核燃サイクル施設、認可次々 政策見直し中に駆け込み? | トップページ | 雑記(228)公園の杜 »

2012年3月20日 (火)

沖縄にPAC3配備へ 北朝鮮発射に備え 宮古島が有力

http://www.asahi.com/politics/update/0320/TKY201203190739.html
沖縄にPAC3配備へ 北朝鮮発射に備え 宮古島が有力

 野田政権は19日、北朝鮮が事実上の長距離弾道ミサイルを発射すると予告したことを踏まえ、沖縄県に地対空誘導弾パトリオット3(PAC3)やイージス艦を配備する方向で調整に入った。PAC3は宮古島を軸に検討している。

 田中直紀防衛相は19日、防衛省で対応を協議。発射台へのミサイル設置や燃料注入などは確認されていないという。田中氏は19日の参院予算委員会で「沖縄県はじめ我が国の人命、財産への被害を防止するよう万全を期す。2009年の例を踏まえる」と明言。北朝鮮がミサイルを発射した09年4月と同様に「弾道ミサイル等に対する破壊措置命令」を発令する考えを表明した。09年はイージス艦3隻とPAC3を首都圏や東北地方に配備した。

 今回のミサイルが沖縄本島より西方を通過すると見られることから、米軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)にあるPAC3の射程外になる可能性があるため、自衛隊のPAC3は宮古島などに置く案が有力。本島配備を避けるのは、06年の嘉手納配備時に反発が強まった経緯も踏まえたとみられる。

« 核燃サイクル施設、認可次々 政策見直し中に駆け込み? | トップページ | 雑記(228)公園の杜 »

「国内情勢」カテゴリの記事