無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 秘密保全法会議の議事メモ破棄…発言者名不明に | トップページ | 民主、大連立を打診 自民は難色、平行線 »

2012年3月17日 (土)

震災津波、最大43mあった可能性…女川の島に

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120316-00001004-yom-sci

震災津波、最大43mあった可能性…女川の島に

読売新聞 3月17日(土)8時1分配信
 東日本大震災で、宮城県女川町の笠貝(かさがい)島を襲った津波の高さ(遡上高(そじょうだか))が43メートルに達していた可能性があることが、東京大学地震研究所の都司嘉宣准教授の分析でわかった。

 これまでの調査では岩手県大船渡市の40メートルが最大だったが、それを上回る可能性がある。

 笠貝島は、町中心部から約13キロ沖合の無人島。県の天然記念物「球状斑れい岩」が産出するため、島への出入りが制限されている。

 都司さんは1月、笠貝島の南2・5キロにある江島から、笠貝島の津波の痕跡を望遠カメラで観察した。

 海岸付近の樹木がなくなり、頂上付近も枯れたり、折れたりしていた。津波で浸水したとみられる場所の最高点は、島内にある測量標識の高さ(31・9メートル)と比べると43メートルに達していた。都司さんは「笠貝島に向かって津波が集中したため、高くなったのではないか」と分析している。

« 秘密保全法会議の議事メモ破棄…発言者名不明に | トップページ | 民主、大連立を打診 自民は難色、平行線 »

原発情勢関連」カテゴリの記事