無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 野田首相発言を非難=小沢元代表 | トップページ | PKO協力法:武器使用基準緩和へ法改正検討 »

2012年3月 7日 (水)

改憲原案に修正要求相次ぐ=自民、意見集約に着手

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012030600919
改憲原案に修正要求相次ぐ=自民、意見集約に着手

 自民党は6日、憲法改正推進本部(保利耕輔本部長)の全体会合を党本部で開き、起草委員会が作成した改憲原案を基に意見集約に着手した。出席者からは、「自衛権の発動」を盛り込んだ9条改正案などに対し、修正を求める意見が相次ぎ、結論を持ち越した。
 会合には安倍晋三元首相や石破茂前政調会長ら30人超が出席。「天皇は国の元首」とした1条改正案に賛同する意見の一方、「天皇は世俗の存在なのか」「元首と書けば他国の元首と同格になってしまう」などの異論も続出した。
 9条については「集団的自衛権の行使を明記しなければ意味がない」との声が上がり、「原案通りでも解釈で行使できる」とする意見と対立。「自衛軍ではなく国防軍や防衛軍とすべきだ」「国旗は日の丸、国歌は君が代と明示すべきだ」などの声も出た。 
 推進本部は9日に2回目の会合を開催。その後も週1~2回のペースで会合を重ね、日本の独立回復から60年を迎える4月28日までに成案を得たい考えだが、集約は難航しそうだ。(2012/03/06-19:49)

« 野田首相発言を非難=小沢元代表 | トップページ | PKO協力法:武器使用基準緩和へ法改正検討 »

改憲動向」カテゴリの記事