無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 大江さん、仏で原発再開反対訴え  | トップページ | 発足遅れる原子力規制庁 現行体制で再稼働も »

2012年3月21日 (水)

背後に有権者…橋下市長、原発全廃へ関電けん制

ご注意! ポピュリズムが山宣を気取ってる!(高田)

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120320-OYT1T00420.htm
背後に有権者…橋下市長、原発全廃へ関電けん制

 大阪市の橋下徹市長は19日、大阪府市の「エネルギー戦略会議」が公表した関西電力に原子力発電所全11基の廃止を求める株主提案の骨子について、「今は原発に距離を置こうというのが全国民の認識だ。しっかりと関電に伝えたい」と述べ、京都、神戸両市との共同提案に改めて意欲を示した。

 報道陣の取材に答えた。大阪市は関電株の約9%を保有する筆頭株主で、神戸市は約3%、京都市は約0・5%を保有。橋下市長は、「選挙で選ばれた市長の背後には有権者がいる。単純な(3市合計で)13%の株主として扱ってはいけない」と関電側をけん制。6月の同社株主総会での提案に向け、個人株主などに賛同を広げる戦略も検討する考えを示した。
(2012年3月20日15時31分  読売新聞)

« 大江さん、仏で原発再開反対訴え  | トップページ | 発足遅れる原子力規制庁 現行体制で再稼働も »

原発情勢関連」カテゴリの記事