無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 雑記(224)気がついたら、あじさいに芽が | トップページ | 雑記(225)ハイビスカスがつぼみをつけました »

2012年3月12日 (月)

がれき処理代行に積極対応=首相「国有林も活用」―参院予算委

http://headlines.yahoo.co.jp/hl
がれき処理代行に積極対応=首相「国有林も活用」―参院予算委

時事通信 3月12日(月)16時11分配信
 野田佳彦首相は12日午後の参院予算委員会で、東日本大震災で生じたがれきの国による代行処理について「市町村から要請があれば当然、やることはあり得る。必要に応じて積極的に対応したい」と述べた。自民党の川口順子氏への答弁。
 昨年8月に成立した災害廃棄物処理特別措置法は、被災市町村の要請があれば国が代行できると規定しているが、現時点で実績はない。首相は「私どもは代行を嫌がっているわけではなく、一歩も二歩も前に出る気持ちはある」と強調した。
 一方、国有林へのがれきの埋め立て処分について、首相は「スピードアップという観点からは既設処分場の活用だが、必要があれば国有林も活用する判断をしていく」と表明。細野豪志環境相は、がれき処理完了までの期間に関し「私の責任で2年で終わらせる」と強調した。 

« 雑記(224)気がついたら、あじさいに芽が | トップページ | 雑記(225)ハイビスカスがつぼみをつけました »

原発情勢関連」カテゴリの記事